So-net無料ブログ作成

ここでの“ボンサイ”とは「盆栽」と「凡才」との二つの意味を含みます。盆栽のように、マシンをカスタマイズすること自体を楽しんでいる凡才人のブログです。

華厳滝ツーリング [ムルティストラーダ日記]

残暑厳しい今日この頃、先週の日曜日は華厳滝までプチツーリング。
日光いろは坂を登って下って涼んできた。
00.JPG

早朝、3時過ぎに家を出て、中禅寺湖の湖畔に着いたのは6時半ごろ。
日光宇都宮道路を走れば、空気がひんやりとして涼しい。
メッシュジャケットでは若干肌寒く感じるほどだ。
しかし行く先の空はどんよりと灰色の雲が広がっている。
第2いろは坂を登ると次第に霧が濃くなり、ウインドシールドにポツポツと雨粒が…
あぁ〜また今回も雨か…

なんて思っていたら湖畔に着いたら雲間から青空も見える。
男体山の山頂付近は雲の中。
帰るまで本降りにならなければいいのだけど。
01.JPG

下りの第1いろは坂に向かって数百メートルのところにある、華厳滝の駐車場では再び濃い霧が立ちこめる。
02.JPG
どうやら深い華厳渓谷から吹き上がる、暖かくて湿った風が霧を作っているらしい。
今日は滝が見えないかもなあ…
あまり期待しないで展望台に向かうと案の定、渓谷は真っ白。
滝の音はするけどさっぱり見えない。
03.JPG
だが、ふと背後の雲間が切れた瞬間、思いがけない光景に出会うことができた。
04.JPG
ブロッケン現象である。
人影のように細い影が霧に映る際、影の周りに円形の虹のような色が見える現象である。
飛行機に乗っていて、眼下の雲に映った飛行機の影によって発生しているのは見たことがあったが、こんなに間近で見たのは初めて。
この影を作っているのは手前の木の枝のようだ。

しばらくすると霧が晴れてきて滝の姿も見えるようになった。
05.JPG
霧の中に落ちていく滝の姿も涼しげだ。
場所を変えれば滝壺まで見下ろせるかと思ったが、残念ながら上からは滝の全体を見渡すことはできないようだ。
06.JPG
展望台の近くには有料のエレベーターがあって、下から見上げるところまで降りられるらしいのだけど
、エレベーターの営業時間は午前8時から。
まだ1時間半近くある。
周りにコンビニもないし、時間をつぶすネタもないので第1いろは坂を下って帰ることにした。

帰りはR121例弊使(れいへいし)街道を通ってみた。
07.JPG
徳川家康の菩提寺となった東照宮に、朝廷が貢ぎ物を奉納する際に通った街道なのだそうだ。
何キロも続く杉の巨木が立ち並ぶ道路は山の中の酷道のように狭くてうす暗く、ちょっと不思議な空間だ。

昼前には自宅に戻ってプチツーリング終了。
やっぱ関東ではこの時間帯に出かけるのが渋滞に巻き込まれなくていいな。
土曜の午前中の下り線とか、日曜の夕方の上り線は毎週が大渋滞だからうんざりしてしまう。



さて、つぎは長野に出かけて、とある列車に乗ってみようかな。
nice!(14)  コメント(6) 

nice! 14

コメント 6

わたべ

やっぱ、持ってる人は持ってるんですね、前回に続いてガスの風景かと思わせつつブロッケンですか~。
びっくりです、羨ましいですね。
私も1度は見てみたいです。
by わたべ (2017-08-31 20:35) 

nozzy

いやいや、とんでもない。
たいしたものは持ってません。
こんどは自分の影でできるブロッケン現象にお目にかかりたいものです。
by nozzy (2017-09-01 00:09) 

FD

日光いろは坂。登りと下りが完全に分離され二車線になりましたが、
追い越しを掛けながらカーブを曲がる時、対向車が来るのではないかと
不安になることがあります。

by FD (2017-09-01 14:14) 

nozzy

それと同じ感覚は国道1号線の鈴鹿峠で経験しました。
三重県側は上り線と下り線が分離されて、それぞれ二車線あるのですが、右車線を走るとちょっと不安になりました。
by nozzy (2017-09-04 21:20) 

kokoro

「いろは坂」といえばイニDのイメージが濃い私です(^^;
最近はずいぶんと涼しくなり、
夏ジャケでは朝寒いくらいになりましたね
nozzyさんが訪れる場所はとてもきれいな場所ばかり
本当に素敵な場所を御存じですよね(´▽`)
by kokoro (2017-09-09 23:33) 

nozzy

北関東は西日本と違って、ゴツゴツとした山容の山が多いです。
そんな地形がダイナミックな景色とイニDに出てくるような峠道を生み出してるんでしょうねえ。
by nozzy (2017-10-09 14:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。