So-net無料ブログ作成
検索選択

ここでの“ボンサイ”とは「盆栽」と「凡才」との二つの意味を含みます。盆栽のように、マシンをカスタマイズすること自体を楽しんでいる凡才人のブログです。

赤城山ツーリング

去る7月29日は、赤城山までショートツーリングに行ってきた。
仕事では毎週2泊するほど群馬に行ってたけれど、バイクで征くのはこれが初めて。
00.JPG
残念ながら天候に恵まれず、さんざんな結果であった。

自宅を出たのは早朝…というより草木も眠る丑三つ時、午前2時過ぎだった。
天気予報では午前中は晴れときどき曇、夕方頃まで降らない予報だった。
6時前に前橋ICを降りて麓のR353から赤城山を見ると、山裾まで厚い雲に覆われていた。
01.JPG
ヘタすると山の上は土砂降りだなあ。
でもここまで来たら、引き下がれない。
細くて180°ターンが続く群馬県道16号で山頂のカルデラ湖、大沼を目指す。
晴れて路面がドライなら楽しい道だけど、ウェットのうえ、霧で視界が30mほど。
30km/h程度の低速走行で、ただただ霧の森の中を縫いながら、ゴールはまだかとしびれを切らす。
やっとの思いで小沼の駐車場に到着した。
02.JPG
なんも見えねー
天気がよければ大沼を一周して帰るところだったが、スルーして県道4号「上毛三山パノラマライン」こと赤城レッドサンズのホームコースを下って前橋市街に帰投した。

このまま神奈川まで戻ってもおもしろくないので、ちょいと中央前橋駅まで寄り道。
03.JPG
上毛電気鉄道上毛線の乗りつぶし旅スタート。
04.JPG
駅の脇を流れる広瀬川。
なんだか妙に水かさが高い気がするが、いつもこんなものなのか?

発車時刻まで15分、運転士ちゃんが前面窓をデッキブラシで洗い始めた。
05.JPG

しゅっぱつしんこーぅ
06.JPG
田んぼの中を走る車窓は、ことでんのレトロ電車旅を彷彿とさせる。
だが、冷房が効いているのに蒸し暑い。
朝が早かったので、5つぐらい駅を過ぎたあたりから居眠りしてしまった。
暑さと眠気でぼーっとしながら終点の西桐生で降りた。
07.JPG
帰りは桐生駅まで歩き、JR両毛線で前橋に戻る。
08.JPG
向かいのホームにはわたらせ高原鉄道の気動車が停まってる。
いつかわたらせ高原鉄道にも乗りに行きたいな。

中央前橋駅に戻って帰り支度を始めると、雨が本降りになってきた。
埼玉県との県境まで雨に見舞われてパンツまでずぶ濡れ。
でも暑かったのでちょうどいいシャワーになった。

またいつかリベンジしに来よう。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 9

コメント 2

わたべ

今年は天気が安定しないですね。
初の赤城は残念でした。
by わたべ (2017-08-12 21:37) 

nozzy

天気予報は外れまくりだし、妙に涼しかったりやたらと蒸し暑かったりで読めませんね〜
ペルセウス座流星群を見に長野まで行って見ましたが、ドン曇りでした。
by nozzy (2017-08-13 19:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。