So-net無料ブログ作成
検索選択

ここでの“ボンサイ”とは「盆栽」と「凡才」との二つの意味を含みます。盆栽のように、マシンをカスタマイズすること自体を楽しんでいる凡才人のブログです。

八王子プチツーリング [ムルティストラーダ日記]

今週末は八王子までプチツーリング。
昨年秋の祖母山以来、山歩きをしてなかったので、運動不足解消も兼ねて八王子城趾の山を歩いてきた。
00.JPG
関東の山にはシャガが花を咲かせるころだが、今週末の予想最高気温は28℃と暑かった…

今回は新しいライディングシューズの履き慣らし。
01.JPG
5年近く使い続けてきたRSタイチの靴だったが、さすがにポンコツになったので買い換えた。
数回ほど使ったところで縫製にほつれが生じたり、幅が広すぎて歩くと靴の中で足がズレたり、防水性がなくて雨の日が不快だったり、不満の多い靴だった。
今回は登山靴の老舗メーカーでもあるガエルネをチョイス。
ジー・ラウンドというモデルに買い換えた。
日本人の足型で造られたといえども、さすがにイタリア製、本来のわたしの足のサイズでは横幅がきつく、ワンサイズ上でぴったりだった。
BOAというリールアジャスト式の靴紐はヘルメットを片手に持ったまま靴を履くときに都合がいい。
ツーリング先でランチにすると、たまに座敷の卓に付くことがあるのだが、そんなときはBOAが便利だ。
靴底のパターンも山道で滑りにくそうなパターンなのが決め手だった。

さて、寄り道しながら八王子城趾の駐車場に着いたのは10:30。
03.JPG
好天なのはいいが、すでにヘルメットの中が蒸れる暑さになっていた。

駐車場から数十メートルほど歩くと案内所の建物がある。
04.JPG
ここから左に向かうと曳橋や御主殿曲輪のレプリカが展示されているらしいが、そちらには目もくれずに本丸のある山の頂を目指して右へ進む。

案内所から10メートルほどで右手に広場が見える。
その広場の中央付近に東屋が設けられ、山全体の模型が展示されていた。
05.JPG
標高を強調して作られているとはいえ、こうしてみると険しそうな山道だ。

道に戻って山へ向かうと鳥居をくぐって山道に入る。
06.JPG
登り始めるとすぐに分かれ道があり、右が旧道、左が新道と書かれている。
07.JPG
とりあえず、新道で登ってみるか。
08.JPG
新道はコンクリートの階段で整備されているが、階段を上り続けるのはつらい。
登り始めてから15分ほどで8合目に到着。
09.JPG
ここでも道が分かれていて、左が山頂で右に行くと松竹バス停と書かれている。
中山道の方へ降りていくことができるようだ。
8合目を過ぎると西斜面をトラバースする道になり、視界が開けて東京都を見渡せる場所があった。
10.JPG
眺望にシャッターを切るものの、残念ながらカメラがエラーを起こして写真が記録されていなかった。
登り初めから30分ほどで八王子神社に到着。
11.JPG
なんでも、昔、坊さんが山で修行をしていたら、牛魔王と8人の王子が現れて男色ハーレム状態フヒヒな妄想に取り憑かれ、煩悩を鎮めるために神社を建立したのだとか。
のちに尼僧たちにより脚色されたのが現在のBLとか女性向け恋愛シミュレーションゲームの奔りだとか。
(民明書房『東京地名録』より)
神社の境内に建てられた天狗の石像もフヒヒな表情。
12.JPG
さらに5分ほど登って本丸跡に到着。
バレーボールコート1面分ぐらいの広さだろうか。
ここに陣取って立て籠もるとなると…ただ立ってるだけじゃないのだから、20人ぐらいでいっぱいだろうなあ。
下りはちょっとルートを変えて、小宮曲輪に立ち寄ってみた。
神楽の舞台のような建物があって、その手前には狛犬がいた。
14.JPG
なんとなく石ノ森章太郎の漫画に出てくるキャラクターを思い出してしまうのはわたしだけだろうか。
阿形は子連れのようだ。
15.JPG
下りは旧道を歩いてみたが、新道より歩きやすい。
16.JPG
道幅が狭くて、V字に掘れている部分もあるけれど、階段がなくて自分の歩調で歩ける。
新調したライディングシューズも調子がいい。



小一時間ほど山を歩いた後は、ムルティで和田峠を目指した。
旧中山道に沿って敷かれた都道521号の細いくねくね道を上って行く峠のはずだったのだが…
17.JPG
あれ?なんかバリケード?
18.JPG
チェーンは外されているものの、一般車通行止めの札もある。
おかしいなあ、ここ都道のはずだよね〜
とりあえず行ってみるか。
19.JPG
道は舗装されているものの、ほとんどクルマが通った形跡がなくて、砂利やら落ち葉が積もってる。
20.JPG
ついには舗装が途切れた区間に突入。
21.JPG
砂利道を50mぐらい走ったところで、峠の茶屋が見えてきた。
22.JPG
どうやら道を間違えて、林道に入り込んでしまったらしい。
ホントは通っちゃダメだったみたいだけど、まあいっか。

峠の茶屋で昼メシにしようと思ったけれど、おでんとかところてんしかないみたいなのでそのまま相模湖方面に下った。
相模湖公園の向かいにある昭和臭いっぱいのレストランに立ち寄ったのは14:00にもなろうかという時間だった。
23.JPG

親子三代で切り盛りしてる風なお店で注文したのはもちろんカレー。
24.JPG
めっちゃホームメイドなカレーであった。
やっぱ暑い日はカレーだよね。
暑くない日もカレーだけど。


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 4

パグ太

八王子城趾に行かれたんですね!ボクはあれぐらいで疲労困憊でありました(^^;
そのうえ、スゴイところ走ってますなぁ~w
by パグ太 (2017-05-23 22:21) 

nozzy

久しぶりなので脚が筋肉痛になりました。
林道ではほぼ中腰だったですし…
特に内股が痛くなりました。
by nozzy (2017-05-24 13:54) 

わたべ

バイクで出かけて、山登りする気力は私にはありませんね。
オフ的なツーリングでしたね。
by わたべ (2017-05-24 20:02) 

nozzy

マイナーな山だと登山口の駐車スペースが数台分しかなかったりするんですが、バイクだとデッドスペースに停められるのが利点なんです。
今回の八王子城趾には当てはまりませんけどね。
で、そんな登山口へのアクセスは舗装されていない林道である場合も多くて、そんな理由もあってムルティストラーダのようなクロスオーバー的な車種を選んだんです。
by nozzy (2017-05-25 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。