So-net無料ブログ作成

ここでの“ボンサイ”とは「盆栽」と「凡才」との二つの意味を含みます。盆栽のように、マシンをカスタマイズすること自体を楽しんでいる凡才人のブログです。

標高1229.5m [ムルティストラーダ日記]

先週末は大阪から別府までフェリーを利用して、阿蘇山方面までツーリングに行ってきた。
往復のフェリーの中で宿泊して現地では宿泊しない、船中2泊、現地0泊のプランでバイクの航送料金も含めた運賃が往復12,500円の、「弾丸フェリー」というお得な切符。
「鉄砲玉」ってのは行ったきり帰ってこないものを指す喩えだが、「弾丸フェリー」はちゃんと帰ってこれる。

まずは福岡県で一番高い山、釈迦岳の本釈迦頂上を目指す。
こちらは120m離れた隣の山頂から撮影した本釈迦山頂。
00.jpg


別府観光港には定刻通り、朝の7:45に到着した。
01.jpg
別府はどんよりと曇り、今にも振り出しそうな天気だった。
天気予報によると昼頃からは雨の中を走ることになりそうだった。

大分ICから大分自動車道に入り、西へ進むと徐々に晴れ間が見えてきた。
正面には由布岳。
しかし、まだ山頂は雲に隠れているなあ。
02.jpg

天瀬高塚ICで下りて、大分県道9号を山の中へ入っていく。
県道9号は、はじめは2車線の快走路だったが、日田市前津江町を過ぎたあたりからセメント舗装の狭い急勾配になる。
03.jpg

10:00、椿ヶ鼻ハイランドパークというキャンプ場を通り過ぎて、さらに狭くて急勾配の道を登り、釈迦岳の普賢岳山頂に到着した。
04.jpg
釈迦岳には、1231mの普賢岳、1229.5mの本釈迦、1209mの御前岳の3つの山頂がある。
このうち、普賢岳山頂には気象レーダーが設置されていて、クルマで山頂までアクセスできる。
3つの山頂で一番高い普賢岳山頂だが、ここはまだ大分県。
福岡県との県境に位置する本釈迦山頂までは水平距離で120mの道のりを歩く。

普賢岳山頂から細い登山道を30m下って、30m登るだけ。
05.jpg

しかし、登りは急な岩場をよじ登る。
06.jpg
同僚を連れたツーリングの途中で本格的な登山をするのはさすがにムリだが、これぐらいなら運動不足解消ってことでつきあってもらうことにした。

本釈迦山頂に到着。
07.jpg
立て看板には1231mと書かれているので紛らわしい。

これにて福岡県の一番高い山、クリア!
08.jpg
往復30分の山頂征服。
いやー、お手軽だった。

つづく
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 8

コメント 6

あおたけ

船中二泊の強行軍でも、
お仲間とのツーリングは楽しそうですね〜。
福岡県でいちばん高い釈迦岳の山頂、
見た限り、山頂からの景色は山ばかりの様ですが、
福岡市の街並みなどは見えないのでしょうか?
かなり遠いのかな・・・?
by あおたけ (2013-10-02 09:36) 

nozzy

ここは福岡県の南端の辺りなので、都市部からはかなりの距離があります。
東に目を向ければ由布岳や九重連山も見通せるはずだったのですが、東の空はまだ雲が厚かったです。
by nozzy (2013-10-03 01:48) 

よっすぃ〜と

僕もフェリーで九州上陸作戦を練ってるところですが、現地0泊の弾丸では無くて、最低1泊はするつもりです。
でも、年内に決行できるかどうか?
by よっすぃ〜と (2013-10-03 22:48) 

nozzy

費用と日程に余裕があれば、何泊かして周遊するのもいいですね。
温泉もいいし、山の景色もいいし。
わたしは長崎に行ってみたいのですが、長崎まで足を運ぶとなると、やはり現地で1泊はしないと楽しめないでしょうね。
by nozzy (2013-10-04 11:56) 

うえいぱうわ

おおー。こういう感じの登山なら楽しめそうですね。
本格的なのは、足腰がーですけど(笑)

気象レーダーのがっしり感に頼もしさを感じました。
知らないところでお世話になってるんだろうなあ。
by うえいぱうわ (2013-10-04 15:11) 

nozzy

登山口にバイクを停めて登るというプランをこれからやってみようと画策しているのですが、下山してからバイクにまたがっても立ちゴケしないように、鍛えないといけませんねえ。
気象レーダーは、はじめは防衛省の施設かと思いました。
天気予報で表示されるアメダスの映像なんかはここのデータを元にしているんでしょうねえ。
by nozzy (2013-10-05 23:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0